flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

保護者アンケートから

Categoryお知らせ
1月末に、生徒さんの家庭での様子、今後のこと、などをお聞かせいただくために、
「保護者アンケート」を配布させていただき、回答してもらっています。

それと同時に、生徒の小学生以上のみんなには、 「2016年ねがいごと50」を、音楽について20とその他について30の願い、合わせて50の夢を思いつくまま書き出そう!という用紙を用意しました。

夢や想像力を多く抱いている子たちは、びっしり書き込みがしてありました。
現実的なこと、思わず微笑んでしまう内容、こんな夢をもっているんだとその子の意外な面がわかったり…。
中には、低学年や、現実主義者、時間に余裕のない子、その気が起こらない子は、50までえんぴつが進まなかったようでした。
回答0!という子も…。
ソレ、チョットセンセイハ、カナシイデス。

でも、みんなのねがいごとを聞くことで、レッスン以外のその子のことを知ることができます。
みんなには、「1年後にもう1度この紙をいっしょに見ようね!」と伝えてあります。
いっしょにレッスンをする上で、その子のことをよく知ること、大切にしたいと思います。


「保護者アンケート」の方は、ほとんどのご家庭から用紙が戻ってきました。
内容によっては、教室の方から、連絡が必要な事項もありましたので、メールや電話、または送迎の際に面談をさせていただいています。

教室から連絡が必要なことで、1番多いのは、春からの時間変更の希望です。
・学年が上がると下校時間も遅くなるため
・他の習い事、塾とのかねあい
・おかあさんの仕事の都合で送迎が難しい
・学校の宿題をする時間を定着させるために、時間をずらしたい
・レッスンの回数を減らす
・ソルフェージュのレッスンとは?

理由はまちまちですが、家庭でも様々な変化があるようです。
みんなが教室に気持ちよく通えるように、したいと思っています。
そして、
巣立った後に、「教室(ドレミの会)に通ってよかった!」と言っていただけるように、がんばりたいです。
(実は、先日、成人した元生徒さんのおかあさんから、そう伝えてもらえました。
その言葉が、とても嬉しかったのです。)

また、直接お話させてもらった複数の保護者の方からは、
「こどもは、レッスンに通って、ピアノを弾くことだけでなく、その他にも、何かしら楽しみを持っているようです。」

高学年、中学生の子たちのことです。
「何かしら」というのは、

教室に来て気分転換!?
先生とおしゃべりしてスッキリ!?
大好きな音楽があふれている場所!?
… … … ?

うまくいえませんが、
「音楽がすき!!!」
という気持ちはその子たちの心の中にどんと居座っている気がします(*^_^*)

保護者の方へお伝えしたいこと。
「練習しないから辞めさせる」
ドレミの会ではNG言葉です。

なぜなら、
音楽には、その子を育ててくれる、目に見えない宝があるから…。

musicpw






0 Comments

Post a comment