flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

中学生レッスン

Category個人レッスン

きょうは、中学生のレッスンが2レッスンありました。


一人目は中1のりらっくまちゃん。

音楽部という吹奏楽部に在籍している音楽大好きさんです。

月2回のレッスンですが、たまに塾などで来れない時もあり、きょうもひさしぶり~なレッスンでした。

そういう日はまず学校のできごとを自ら語ってくれます。

明日は合唱祭で、それは今年から全校で行うことになったことや、24時間テレビに出ていた、●●わかなさん(名字忘れました。ごめんなさい。)が学校を訪問してくれるということや、特に音楽関係の情報を先生に教えてくれます。

そして、「優勝候補だから、先生、明日(合唱祭)聞きに来て~!」と懇願されちゃった^_^;


りらっくまちゃんのように、余分なおしゃべりかな?と思えそうなことも、実はレッスンには実のあることだと思っています。

音楽教室はピアノを弾く場所でもあるけれど、話すことによって、気持ちの整理をして、そこから音楽の話ならば、興味・知識も得ることができます。

中学生との会話も実に面白い。

と先生は思って、いつも楽しんでいます。



もう一人、元教室生の中3のY介君。

10月おわりくらいに連絡があり、12月の合唱祭の伴奏がやりたいのでレッスンをお願いします。ということでした。

オーディションも2人立候補者がいて、なんとしてもやりたい!と。


オーディションまでは日にちがなかったので、1,2回くらいしかレッスンができなかったけれど、

聞く話では、「表現では↓だったけれど、テクニック面ではよかった」そうで、無事オーディションを通過。

曲は『信じる』


課題は表現。

きょうで4回目。始まり部分のオルゴール調の部分のPの音がすごく素敵に変わっていました!

自分で工夫して感じて弾いているんだな~と感心しました。


先週には、もうひとつオーディションがあり、それは全校でうたう曲。

『ふるさと』

その楽譜は前日に渡され、翌日オーディションという過酷なものだったようです。

自力でがんばり、臨んだそうで、

そちらも2人で行い、弾き分け(?)だったので、くじびきになったそうです。


だから、先生に報告してくれたときの言葉は、

「当たった!」

でした(+o+)


ピアノ大好きなY介君です。

キミなら絶対大丈夫!!


先生は信じてる。





0 Comments

Post a comment