flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

◆生徒の成長

Categoryドレミの会♪音楽教室
生徒の力がグンと伸びる時期は 個々によって違います
小学生の中学年で 高学年で 中学生になってから と まちまちです
この場合 幼稚園時代は例外  なぜなら まだまだ指の筋肉も完全に発達していないし 曲目も プレピアノのレベルだからです

きょうの最後のレッスンの中2の生徒
小1からピアノを習い始め 将来的には 音楽を深く学んでいこうとしています
レッスンでは 割りにのびのびと弾いてきた子です テキスト以外にも 歌の伴奏曲やら 好きな曲やら 自由に弾いてきたので 聴音の書き取りなどの ソルフェージュ的なことが 十分できていません
この先 音楽を… という希望がはっきりしてきたので 指導者としては ソルフェージュも少しずつ こなし
受験に備えてあげなければなりません
今すぐの受験でないにしろ ソルフェージュは「積み重ねが1番の力
そのことを きょう 生徒に話しました

1番の心配は 専門にソルフェのレッスンをしてこなかったので はたして 聴音の書き取りがどれだけ できるのだろうか  疑問でした

そこで 細かい説明なしで お試し聴音

8小説にしきり 「ハ長調 4分の4拍子」の呪文

やはり 

予感的中 みごとにすべてはまってくれました

 ト音記号の形は◎だけど 五線に正しくのりません

 拍子記号が1小節目と5小節目にも書いてあります

 終止線がありません

 音符のぼうの向き 長さが正しくありません

 ハ長調以外の 調号があやふや 「イ短長」の文字


楽譜を読むことと 五線に書きとることは 別なんでしょうね

その後 最初からやり方を教えました
1度 聞けば 次回からは きっとだいじょうぶでしょう

ついでに 「トニイホロヘ」の呪文 「ホロヘハトニ」の呪文
そして  「ファドソレラミシ」の呪文

伝えました 忘れるんじゃないよ  たぶん今までにも言ったことあるのだけど… な

けれども ヤマハグレードを取得してきた生徒です

和音は転回形まで しっかりわかります
絶対音がわかっているので 書くことになれれば たぶんできます
先行きは明るいですよ

もうひとつ きょう感心したのは 冬休みの課題だった 「ハイドンのソナタ」をかためてこれたこと
ヤル気次第でこんなにできるのだな とあらためて思いました

次回新曲はその3楽章と迷いましたが その勢いをかりて 「モーツァルトのソナタ」を聴かせてもらおうと思い
来週は そちらです


この中2の生徒は 今が伸び時です

 




0 Comments

Post a comment