flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

◆先生の体験レッスン

Category雑記
先日の講座で木下先生が体験レッスンについてお話しされたのですが その時にご自身の体験レッスンのことを話してくださいました 

その内容は 運動を始めようと思い スイミングスクールの体験に行かれたそう
いろいろなコースがある中で自分に合ったコースを選び インストラクターについて教わるのだそうです
クロールの手のかき方はこういう理由だから このように上げてかくとよい とか 受ける人がよくわかるように
教えてくれ とても今後の泳ぎについて自信が持てたそうです
これが 「はい 泳いで~!」とか「違う 違う」だけの説明だけではどうでしょう…

その話を ピアノ教室の体験レッスンにおきかえて話されました
考えさせられるところが たくさんありました

そして次の日 街中を歩いている時に 私が化粧品メーカーのキャッチセールスのお店の人につかまりました
エステ体験キャンペーン中で キャンペーン価格で フェイシャルエステの体験ができ 今回の予約は カリスマといわれるエステティシャンが来店して 特別にサービスで普段のコースではやらない微弱電流を使った施行も体験できる もちろん化粧品は購入していただかない 次に紹介してくださるお知り合いの方は無料
こんな内容でした 
いつもの私ならメーカーのは全然興味ありませんが 「体験」に心ひかれたのと偶然家のすぐ近くのスーパーの中のお店だったので 社会勉強の軽い気持ちで 絶対買わないよと言い 予約してしまいました
ずいぶん離れた となりで 聞いていた海の 白い視線が痛かったけど 

そしてきのう 少しうきうきして予約時間に行きました
お店の人は 愛想良く招き入れてくれます (インフルエンザ予防だろうけど マスクが気になったけど)

システムのDVDを見ます
このお店は 化粧品の購入とアフターケアのお店で ●万円以上購入すると 額に応じ 無料でエステを施行してもらえるというシステムらしい

ガウンに着替え カリスマ登場で カウンセリング 

クレンジング後 コンピューター診断 「この肌ではかわいそう きれいな腕の内側部分の肌と比較して全然違う もったいない」という胸に痛いお言葉
その後すぐに施行にはいってくれるのかと思いきや   …   違いました
コンピューターを使い 
「元のよい状態の肌を取り戻すために
1年かかり 1か月に2回の施行が必要で 化粧品は これとこれとこれとこれ… 」

はっきりいって
苦痛でした
施行体験前で 長い説明 しかも目の前にはものすごく高額な金額がさらされている
ここを突破しないなら 施行しないわよ という変な空気が漂います  
ここで私は完全に気分を慨しました
施行体験前で カリスマ相手に 私はとても嫌な表情をしていたと思います 

 そしてなんとか切り抜けて 施行に入りました
けれど明らかに カリスマの人の態度が変わりました
自分の仕事柄レッスンのとき人間ウオッチングを無意識にしています
それが悪い方に感じました

「はい 寝てください」  (枕らしきものがある方が頭か 顔だから上向きか)自分で判断 
一応初心者なんだから もう少し言葉を多くしてもいいのじゃないかな

「化粧水ぬります クリームぬります パックします」  (ぬったらどんな効果があるんだろう)施行の効果を具体的に説明してくれるとよくわかるな

「お帰りはお化粧されますか~?」  (来た時してたんだし スーパーの中人目もあるしさ するよ) 言い方 ひとつで 伝わり方が変わるね


■ありきたりのセリフで送られ 手には試供品のお土産を持って そのお店をあとにしました

「気持ちよかったです ありがとう」の言葉がすなおに言えませんでした
大変疲れました      150分のうち楽しく感じたのは最初の10分くらいだったかな
この体験をしてわかったことは 私の場合 化粧品メーカーのこの手のものは合わないということです
それに 買う気もないのに 体験なんてしてはいけないということ
これは 自分も嫌な気分になるし お店の人もいくら商売といえども 迷惑でしょうね
ごめんなさい 私はこのようなひやかし半分的なことには二度と手を出しません
けれど エステ施行自体は気持ちよかったです

今度行くならそれだけ のお店を訪れればよいね


このような体験をしてみたわけだけど
このことすべて 木下先生の話されたことにあてはまりました
ピアノ体験レッスンにおいても大切なこと
逆にやってはいけないこと
実際 体験する側の身になって 体験してくると 自分が逆の立場でピアノ体験レッスンをする時に 役立ち ますね
体験者には すぐにその気がないのなら受けてもらうのは遠慮していただきたいです   レッスンする側は 一度の体験レッスンでは やはり 受けられる相手の 気持ちをくんでの気づかいが大事なのですね

そして 「楽しかった また来たいな」と思えるような 体験の時間を作ってあげないといけないね


春に向けて 2月3月4月 毎週土曜日 体験レッスン希望者のために
がんばってみるよ

0 Comments

Post a comment