flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

◆伴奏オーディションのこと

Categoryドレミの会♪音楽教室
新学期なので学校の伴奏オーディションが展開されているようです

小六のひよこちゃんと小四のシナモンちゃんの通う学校では きょうがそれぞれオーディションでした
この学校では 一学期の初めに 一年間に歌う曲を決め その伴奏者もその時に決定してしまいます
だいたいは「今月の歌」らしいです 他にも参観日の時に歌う曲や卒業式の曲など 一年間に何曲かあるようですが…

それに ここ数年 伴奏のオーディション用の楽譜をオーディションの約一週間前に配り 短期間で練習して 
すぐにオーディションをする傾向があり なんとも 譜読みの遅い生徒には少し不利のような

結果的には 実力者が選ばれるのだけど たぶんいつも同じ子でしょうね…
良い悪いは別として 
オーディションには伴奏を弾きたい子が集まる訳だから
1番でなく 2番目にうまかった子にも 決定する側の先生たちは なんらかの特典を考えるべきだろうな
そうすればたとえ選ばれなくても 次の励みとなるはず

ひよこちゃんもシナモンちゃんも機会あるごとに やりたい時は オーディションに挑んでいます
ライバルも多く すべて伴奏できているわけではないので
そんな時は いつも前向きになれるように 先生が励まし役です

その話の中に登場するのは 今 中三のパイナップルちゃんです

音楽大好きなパイナップルちゃんですが 小学校の頃はオーディションに挑戦しても いつも同じ別の子ばかり
高学年になった頃 「同じ人ばかりではいけないから なんとかしないかん  私がんばるわ
と言い 本当に伴奏者になることができました
努力したのでしょう そう思う気持ちがすばらしいと思いました
それから 伴奏にはさらに積極的になっています
きょうのレッスンでは その学校では中三で必ず歌う 「そして愛」 の伴奏が絶対やりたい
力強く言いました
楽譜を持っていなかったので また来週と思ったら
「弾いてみる~」と言って さらりと 暗譜で弾いてしまいました
もう 先生はほほ笑むしかないね

ひよこちゃんのレッスンは今週 先生の都合で昨日しかできませんでした
オーディションの話も 昨日聞きました
でもしっかり自分で譜読みをして弾けていました
とても頼もしかったです

ピアノの先生もかわいい生徒が伴奏者になってほしいと思うと つい じゃあ明日も その次も… なんてことに
特別特訓レッスンで過剰になり過ぎる傾向あるんじゃないかな
たぶん 生徒の親さんたちも 少し期待が大きく入り過ぎてしまっていたり 子どものその時の努力が報われないと
とても悲しい気持ちになってしまう
今までの経験で あったな~
それは 話の中の言葉に現れていたり
メールの中の文章であったり
私も人の親
同じような気持ちを抱いたことは幾度となくあるので その気持ちはよくわかります
そんな時こそ 大きく構えていないといけませんよね

なによりも大切なのは 弾いた本人が満足できたかどうか
次に向かう気持ちを育てることができたかどうか






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 ピアノ講師の方のブログがたくさんありますよ~  


0 Comments

Post a comment