flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

◆微笑ましく思えた事

Categoryドレミの会♪音楽教室
先日 話があったエレクトーンの譲り受けの件、一週間前に決まりました

教室生の小3の生徒君と大人の生徒さんの二人が希望されました。
小3の生徒君は、以前から大変エレクトーンに興味があるピアノの生徒君。
大人の方は、12月に職場にあるエレクトーンで演奏することが決まっていて、その練習のために必要なのだそう。

決定の仕方は、三回先に勝った方が勝ちのじゃんけんにしました。

なんと立て続けに、大人の生徒さんが勝ってしまいました

そこで、小3君、「五回にして~」と懇願し始めました。

けれど、勝負は勝負なので、涙を飲んで、
初心を通しました。

そしたら、よけいに、悔しくなってきたのでしょう
小3君泣き出しました。
それも次第にエスカレートしていき、泣き声も止まらなくなりました

見守る大人二名。
大人の生徒さんと先生…。
しばらく見守り、大人の生徒さんには帰っていただきました。
次に、小3君のレッスンが控えてましたが、泣きじゃくって、なかなかおさまりません。
とても欲しかったものにあと少しで手が届きそうだったのですものね。
気持ちもわからない訳ではないのだけど。

その時、ちょうどレッスンで渡そうと用意していた発表会の曲が入った曲集があったので、それをそばで開きながら、
「この本を選んだ理由は、他にもよく聞く弾きやすい曲がたくさん入ってるから、喜んでくれると思って、先生が時間かけて選んできたんだよ。」
と、題名を言いながら、説明を始めました。

すると少しずつ落ち着いてきたようで、泣くのをやめ、聞き入れ、そして話をするようになりました。
やれやれでした。
騒ぎの中、後ろ髪ひかれながら退出された大人の生徒さんに少し申し訳なかったなぁ、と思いました。

そして、つぎの週のレッスンです。
二人の生徒さんは、偶然にもレッスンが前後しています。

ちょうど大人の生徒さんが帰られる間際、
小3君がその方に向かって言いました。

「この前はオヤンチャ言ってごめんなさい!」

さらりと自然に聞こえてきました。
その二人を見ていて、思わず微笑ましく思えた次第です。




0 Comments

Post a comment