flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

◆サウンドリボン

Category吹奏楽
「サウンドリボン 人と人をつなぐ音」

というのだそうです。

きょうは、那加中の吹奏楽部の定演にでかけました。

この標語は、この1年間の活動テーマを表しているそうです。

今年はいろいろな場所で那加中の部員たちの演奏に出会いました。
以前より多くのステージをこなしていたように思います。

演奏の場が大会以外にも、街中の演奏披露につないでいるのには、
私は共感します。
きょうの定演の演奏を聴いてそう思いました。

関係者に限らず、一般の地域の方々に聴いていただけることは、
自分たちの励みになります。
いつも生徒にいうことですが、
音楽は独りで楽しむこともよいけど、それをたのしみに聴いてくれる相手がいてこそ、
その人(たち)のために、演奏できることはしあわせなことなのです。

きょうの講堂は来場者がいつもにも増して、盛況でした。

こども、おとな、そしてなによりもお年寄りの多さに感激。

企画・構成についていえば、
例年の流れは組んでいるものの、今年はスマートな流れで、私には若い新鮮さも感じられました。
選曲もよかったです。
(というより、私好みというか…)

なんといっても、生徒が真面目に取り組んでいる姿が感じられるのが1番。

教室関係でいえば、パイナップルちゃんがソロのピアノ伴奏を担当していました。
きのうのリハで調子が出ず、涙し、緊張を隠せない状態だったとはじまる直前におかあさんから聞きました。
全然いつもはそんな気配は持ってない子なのですが。

きっとだいじょうぶ!

そんな会話の後、演奏会がはじまりました。

そして、第二部。ソロ演奏。
今年は多いね、楽器が。

なんとパイナップルちゃん、暗譜!
それにいつもかけずにピアノ弾いてるのに、きょうはメガネかけて…!
最後のレッスンでも楽譜は見るよ。と帰っていったのに、
きょうは、暗譜でした。
先生二度びっくり! した。

気合いじゅうぶんで臨んでました。

すばらしい。そして、ちょっと嬉しい。

その姿に拍手。

海。も帰ってから、そのことについてひとこと。
「めちゃくちゃじょうずやん!」

涙のあとには、喜びがあるものなんだね!

となりに座っていらした、おじいさん方のおひとりが、
「この子んたは、こうして大勢の人の前で演奏して、いい経験をして育っていくんやなあ。
みんなといっしょにやるということもいいことや。」
と、終了後にもらしておられました。

人生の先輩方は、やはり心に響く暖かい言葉をお持ちです。


けど、最後会場もいっしょになって、手拍子する時、
「うん タン うん タン」が 私と逆でした~。
世代を感じた瞬間かな。


時代の流れは、早い…。


指揮のS水先生もお疲れ様でした。
これからもご活躍ください。

また来年!
変化ある定演になりそうですね。

nakatyu














0 Comments

Post a comment