flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

幼児の体験レッスン

Category体験レッスンについて
きょうは、年中さんの女の子の体験レッスンがありました。

連絡をいただいた時、下の2歳になる妹さんの同伴をおかあさんは心配されていましたが、
いっしょにやれる時は一緒にやって、あとはおかあさんといっしょに見ていてください。とお応えしました。

体験レッスンの初めに少しおかあさんと教室の案内やお子さんのこと、楽器のことなど簡単に懇談します。
その時のこどもたちの様子はひとりひとり違います。
ずっとおかあさんのそばから離れない子。
教室のぐるりを見まわし、探検するごとく、動いて興味あるものに触れたり、鳴らしたりする子。
幼児の子たちは、ほとんどの子が後者。

勇気がある子はピアノの下をくぐりぬけています。
以前はピアノの下にもぐったら、鍵盤をばんばん弾いて遊んだこともある。結構イケル!
だけど今はできない…。ピアノの下はモノオキと化している(涙)

でも決まってみんな手に触れているのは、『打楽器』!!

えんぴつや飾り物、本などいろいろな雑貨品が散乱している(ごちゃごちゃしてる部屋でごめん)のですが、
決まってみんなこどもたちって、知らないうちに『打楽器』を鳴らしています。
たぶん知らない楽器だろうものも、工夫応用して自由に音を鳴らしている。

(音楽に興味あってこの部屋にあるものをさわっているのだなぁ。)
そう思います。

音楽教室に初めて来て、自由に楽器にさわって楽しんでいる。
なんだか嬉しいですね。

やってはいけないこと、話ができないほど音を出しすぎる時、そんな時は注意しますが、
あとはご自由に^^

これからたくさんの楽器に触れていく始まりの日(になるかもしれない)

「ドレミ」と2回続けて弾いて、先生が「チューリップ」につなげていった、初めて弾いたピアノの音を
覚えておこうね。


0 Comments

Post a comment