flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

音楽教室でオーディション

Categoryコン*ブリオ
11月の街角コンサートでいきものがかりの『風がふいている』をコン*ブリオは歌います。
その冒頭部、静かな出だしがとてもドラマチックなので、ソロで歌ったらすてきだろうと思い、
教室生の中でソリストを募集しました。

4人の生徒が手を挙げました。

オーディションで決めることとし、何週間かかけてそれぞれに練習してもらい、
きょう、オーディションの当日となりました。

夕方4人が集合。
オーディションだという気持ちはあるものの、結構みないつもどおりの面持ち。

まずは、オーディションの意義から、メンタル面から話しをして、気持ちの持ち方を整えてもらいました。

そして、1度全員で歌いました。
歌い終わって即、みんな他の子の歌を聴き、何かを感じたようです。
自分と違うものを他の子に感じたようでした。

それから、順番決め。あみだくじにしました。

1人ずつ歌い終わって、拍手、ほめの言葉。それをみんなで4回くりかえしていました。
終始なごやかな雰囲気で、楽しそうでした。
声が裏返ってしまっても、笑いでそれは吹き飛ばしてしまって…本人もあとに気にすることなく…。

歌を聴き終えて、全員が思ったこと。
それは、みんなそれぞれの声・歌い方の持ち味を活かした歌だということ。

4人の歌い終わった後、1人ずつ、自分以外の子の歌に対する感想をひとことずつ言ってもらいました。

小学生ですが、1人1人の言葉はいいことを伝えていました。
どの子も、先生が感じたことと同じことを他の子に自分の口で伝えることができました。
自分と異なるイイ部分を相手に伝えているのです。

・1人は歌手のように(子どもの言葉より)声量たっぷりに堂々と歌う。

・1人は高音部にビブラートがかかる美しい声で歌う。

・1人ははっきり伝わる声の出し方で腹からずっしり歌う。

・1人は頭声できれいに歌う。

みな個性的でした。

最終、結果は先生が決定することになりました。

『風が…』の歌いだしの部分をイメージして似合う声。
心配なく堂々と伝わる歌い方。
そして、「Wow Wow…」と歌い、次のイントロにつなぐのにふさわしい響き。

決め手はそこにしました。

決定発表方法はみんなのリクエストにより、ナインティーンナインのお支払の肩たたき、をしました(~_~;)
そうでない3人の子の肩をたたく、という設定で。

最後残った子にみんなで納得の拍手をしました。
きっとまかされたスノウ1ちゃんは、責任もってこの大役を果たしてくれることでしょう。

その後、ソロ部、そして、次の全員で歌う部分へと全曲みんなで歌って終了しました。





玄関の外で、「スノウ1ちゃん、がんばってね~!」と応援メッセージが聞こえてきました。







0 Comments

Post a comment