flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

ドラムサークル2013 

Categoryイベント
8月25日(日)夏休みおわりに近づいたこの日、ドレミの会では、

『ドラムサークル』を楽しみました。


近くにあるふれあいセンターにて、15:00~16:30までの時間を過ごしました。
参加者は、教室生徒を初め、一般の方、2歳~パパさんママさんまで総勢56名の方々にお集まりいただきました。
あっという間の90分。
うきうき、わくわくする時間は過ぎるのも早かったです。

ファシリテーターは、『ぎふドラムサークル』のまっちゃん&相方(?)のくみんちゃんです。
おそろいの「DCFA」と書かれたグリーンのTシャツで登場いただきました!
この「DCFA」というのは、「ドラムサークルファシリテーター協会」の略だそうです。

生徒も「Con*brio」(元気よく)の赤いTシャツで参加。

 まずは、たいこが置かれたサークルのど真ん中からまっちゃんの第一声が!
みんなその声にひきつけられます。
dc1
 サークルに導かれるように、徐々にいすに座り、手に手にたいこをたたき始めます。
写真の真中あたりに伸びているのは、まっちゃんのゴッドハンド!
即興のみんなのリズムが音楽としてまとまっていきます!
dc2
 小物楽器のなまえ、音の面白さ、鳴らし方も伝授。
最初に紹介された細い三角形にまるいものがついた楽器、なまえなんだったっけ?
みんなしっかり発音してましたね。「カホチャン」「カバサン」「ゲロ」…知った楽器もあったね。
dc3
 みんな音が集中するところをみつめて、懸命にリズムを刻み続けます。
dc4
 思い思いのリズムだと思いますが、それが集まって、厚みのあるズんとくる音楽にできあがっていきます。 
dc5
 足をあげて面白い格好をしたり、からだも動かしました。
かわった響きのある「うた」も歌いました。
dc5
 最後は、みんなで両手をあげて~ … まっちゃん曰く「儀式」の光景…(~_~;)
g1
g2

そしてクールダウン。
初めて触る子もいたと思います。先生もあこがれる楽器。
「トーンチャイム」

ざわざわと風の音、さらさらと水の音、ザーザーと雨の音。そして広い大地。
どこか遠い大自然のある暑い国にいるような錯覚になる音の中。
不思議な感覚になりました。

ドラムサークルの時間の経過とともにみんなの笑顔が膨らんでいったのが、カメラをのぞきながらの気づきです。
特に今回は、親子での参加が多く、たいこをたたきながら、顔を見合わせて微笑む優しい光景がいくどもありました。

「ひとりではなにもできないけれど、みんなといっしょならなにかできる。」
いつも「コン*ブリオ」活動の時の紹介文です。

それに似たものがドラムサークルにありました。
ファシリテーターによってまとまっていく音楽に実際のことばは必要ありません。
それぞれが出す音が楽しいおしゃべりをしているように思えました。
おしゃべりを楽しくした後はスッキリしますよね。
精神的な発散ができるからでしょうね。

それと同じく今回の「熱いドラムサークル」から、「元気」をたくさんもらえたのではないでしょうか。
暑い夏休みのおわりに、よい音楽体験ができました。


無理なお願いをこころよくお引き受けくださったまっちゃん、くみんちゃん、ありがとうございました。
おふたりの心意気がとてもすてきです。
3年後、ドレミの会に三度(みたび)来てくださいね!

感謝!



『ぎふドラムサークル』の情報はこちらをごらんくださいね。

0 Comments

Post a comment