flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

音楽療法事例検討会での発表

Category音楽療法
10月4日(金)高齢者分野事例検討会での発表でした。

テーマ: 子どもが関わる高齢者の音楽療法の試み

目標: 対象者が音楽活動を通して子どもとふれあうことにより、心の交流を図る

アシスタントとしての8名の教室生の子どもたちとセラピストの音楽療法は、検討会に参加された方々にとって、大変興味深いものだったように感じました。理由は、多くのご意見、質問を頂戴したからです。

単発セッションでしたので、「試み」とした訳ですが、検討した部分をいうと、子どもと関わりをもった今回の活動は、音楽療法といえるか否か?にありました。
子どもをアシスタントとして活動することは、「有りか、無しか?」遠まわしにこう私には聞こえました。

「誰のためのセッションなのか?」という言葉も投げかけられましたが。

それは「高齢者」でしょう。セラピストでもなく、子どもでもなく、ましてや施設に対してでもありません。

音楽を介して、子どもとふれあい、心が優しくなられた方々を拝見し、「子どもが関わる音楽療法」は「有り」だと、レポートしたいと思っています。


0 Comments

Post a comment