flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

Ninna Nanna in ゆりかご助産院開院10周年記念イベント

Categoryイベント
6月7日(土)
ゆりかご助産院開院10周年記念イベント
午前の部 ~ミニコンサート~

Ninna Nanna (ニンナ ナンナ) 
 ピアノ・エレクトーン・マリンバデュオ・サックス・パーカッション 6名

コン*ブリオ
 うた 15名

およそ60分 ステージで演奏させていただきました。
楽器編成も新鮮で、単楽器の演奏あり、それぞれのコラボありの、とても音楽的にも趣ある組み合わせでした。
そこに、コン*ブリオもうたでいっしょに。
(コン*ブリオにとっても、とてもぜいたくな伴奏だったよね。いつもはピアノやエレクトーンですもんね。)
私たちにとっても、コン*ブリオのこどもたちにとっても、楽しく嬉しい時間でした。

音楽教室での縁が、縁を呼んで、縁でつながったステージができあがりました。
小さな街の、小さな教室で、音楽が好きという気持ちを持ちながら、長く続けてきてよかった、と思いました。

はじまりにメンバーでうたった、『Ninna Nanna』のうたの歌詞にその気持ちも込められている気がします。
もちろん、その日客席で聴いてくださった方々に向けてうたったものではありますが…。
音で奏でたメッセージが、聴いてくださったみなさんに届いていると嬉しく思います。

マリンバのふたりの奏でる心をくすぐるような魅了される響き
サックスの魂のこもったような音色
パーカッションのパワフルかつ繊細さもあわせもつ鳴り

そして、コン*ブリオのこどもたちが発する、こどもらしい姿
関係者の方々からは「(うまい下手は別として)こどもさんたちの一生懸命さに感動する」という言葉をもらいました。
コン*ブリオの活動の時にいつもそう感じています。
何かしら、人に伝えることができるということは、自分を受け入れてもらえることに通ずるので、それはそれで嬉しいことです。
伝えるものって何?喜び、楽しさ…。さて何でしょう。今後の課題ですね。




今回このコンサートの機会を作ってくださったゆりかご助産院さまには大変感謝しております。
私とゆりかご助産院さんとの出会いも何かご縁を感じることが多いですが。
本当にお世話になりました。

また、長期間レッスン内での練習のご理解、リハーサル・当日などの送迎、多面に渡りご協力をいただいたおうちの方々、
舞台演出にあたり、おこさんの0歳~10歳頃までの写真の提供にこころよく協力していただいたみなさん、ありがとうございました。
(本番は予定どおり音楽と映像がぴったり終わりました。無茶な流しだったんですけれど…(~_~;))
あの映像は1曲ずつとは何の関係はなかったのです。ただ、曲の順が年齢順にあった並びにしたので、映像も赤ちゃん~幼児~児童となるようにして、気づいたら10歳でした。というオチでした。
こどもの成長を振り返った時、きっとそう感じると思います。

そして、今回、力を貸してくださった、ゆかりちゃん、玲子ちゃん、大野さん、間野さん、田口さん、
ありがとうございました。
あるおかあさんからは、「1度限りなんてもったいない。また聴きたいです!」とメールをいただきました。
そういえば、当日も勇気あるお客様から、「またこういったコンサートがあれば聴きにでかけたいです。」と声をかけていただきました。ありがとうございました。嬉しかったです!

聴いてくれる人がいるからがんばれますね。
これからの演奏活動、がんばってください。
私も自分のスタンスでがんばります。

nin con






0 Comments

Post a comment