flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

1月幼児のうたと音感レッスン

Category幼児のうたと音感レッスン
3歳児みかんクラスの個人レッスン と 年少児クラスの個人とグループのレッスンがありました。

音感教育を取り入れたレッスンなので、聴く耳を育てたいといつも思っています。
まじめに、集中して、音を聴くことは、3,4歳のこどもにはちょっと難しい時もあります。
レッスンでは、幼児にもわかりやすいように、行います。

たとえば、きょうは調性をやりました。
長調と短調です。
3歳さんは、調の聞き分け、4歳さんは、調性の変化の聞き分けをしました。
笑っているゴリ君と泣いているゴリ君のカードで、ピアノの曲を聴いて、顔をイメージします。

ひとりの年少さんに聞いてみました。

「どんなときがうれしいかな?」
「パパといっしょにいるとき!」(家にいるパパ、うれしいだろうな~)

「悲しいときはどんなとき?」
「おともだちにキックされたとき…。」

イメージをしながら、音楽を聴く。
大切なことですね。
これはイメージ聴音といいます。

そのあとは、AIMEI先生の「おとあそび」ワークののっぺらぼうのお顔のページを宿題にしました。

他には、「おおきなたいこ」をねこマレットでたたきました。
「フォルテでど~んど~ん!」「ピアノでとんとんとん!」

記号のなまえも少しずつ、耳にします。

ベルで音階も順にはやく鳴らせるようになりました。
おんぷカードで音読みも挑戦しています。
「ドレミ」の区別ができてますね。

年少さんは、少しずつ鍵盤奏のレッスンに近づけるようにしていきますよ。
今から先生はたのしみです

0 Comments

Post a comment