flower border

どれどれ おんがく ドレミの会♪音楽教室

岐阜県各務原市那加 ドレミの会♪音楽教室では きょう何があったかな?どれどれ

年少さんレッスン~暗唱曲

Category個人レッスン
ピアノ、エレクトーンの鍵盤奏のレッスンスタートは、おこさんによってまちまちですが、指先が思うように独立させて動かすことができる年齢が、年少~年中さんの頃のように、思います。
年長さんになっていたら、用意万端の状態でしょうか。

年少さんでも少し早いかな、と思ってピアノレッスンを始めて、3ヶ月もたつ頃には、全然早くなかったことがわかります。

それは、導入期のレッスン内容にあるような気がします。

ピアノレッスンの初めは、ピアノを弾くことに重きをおきません。
リズム、音符、うた、音階、聴音、、、さまざまです。

その中、継続して行うことは、音感レッスンです。
短いメロディ模唱(ことばあそび)、和音聴音、暗唱曲です。

夏からレッスンを始めた年少さん。
最初のうちは、小さな声で恥ずかしそうにまねていたのが、このところ大きな声で発音もしっかりと歌えるようになってきました。
1番始めは、「メリーさんのひつじ」
2曲目は、「かえるのうた」
3曲目は、「きらきらぼし」

歌詞唱のあとに引き続き、音名唱にします。

初めての曲の時は、ドレミの発音もあぶなっかしいですが、一生懸命に先生の声や口元を見て、聴いて、覚えていく様子がよ~くわかります。いっしょに歌っていて、とてもうれしい一コマですよ~(*^_^*)
歌う回数を重ねるごとに上手になっていくんです。
すばらしい!

声にする。

ピアノを弾くことでとても大切なことです。
そして、読むこと。
そちらも大事。

耳がイイ子は音譜読みが苦手。
逆に
音譜読みが得意な子は耳がワルイ。

そうならないように、
聴音も音譜読みも両方できる調和のとれたレッスンをめざしています。

特に、3歳、年少、年中さんは、歌うことも、ピアノを弾くことには、欠かせない要素ですね!

0 Comments

Post a comment